MENU

 2万円も支払ったのに、全然面白いセックスができませんでしたし、日頃から周囲の武勇伝で聞いているような濃厚なエロい関係をなんとしても味わいたいなと思って、ぎゃるるを使って相手探しを続けてみたのです。
チャットをすることは出来て、すぐに会うことができる女の子は見つかるけれど、皆んな2万円の要求をしてきました。
最初に会った女の子が、余りにもひどいセックスでしたから、なんだか割り切りの条件を出されると気分が悪くなってしまう感じで、即ハメができる相手だけど約束しませんでした。
このアプリでチャットを簡単にできるし、セックスができる相手をみつける事は確かにできるかもしれないけれど、皆んな同様に2万円の要求をしてきました。
さすがにちょっとこれおかしいな、そんな気持ちを持つようになっていたのです。
頭を冷やして考えてみようかなと思って、一旦アプリ利用を中止することにしました。
キャンパスの友達に、このアプリでの出来事を話してみたのです。
すると「詳しいやつ知ってるけど、紹介しようか?」と言ってきました。
なんでも、このような出会いにはとても精通している男がいて、そいつを紹介してくれると言うので、思い切って会ってみることになりました。
そいつは友達のバイト仲間のようで講義の後、気軽に会ってくれって話を聞かせてくれたのです。
「そういう無料のアプリで2万円で短時間は、素人じゃないんだよ」
友達のバイト仲間が突然このように言い出しました。
「素人じゃないって、なにそれ?」
「無料のアプリで即会ができる相手って、だいたい風俗業者だよ」
こう言われてさすがに驚きを隠すことができませんでした。
自分は素人だと思っていたけれど、相手はプロの女の子だったようです。

そんな風俗業者の存在はまったく知りませんでしたし、友達のバイト仲間の話は驚きばかり感じるものになっていきました。